写真家 小松健一・オフィシャルサイト / Photographer Kenichi - Komatsu Official Website

BLOG - ブログ

s-SDIM5711.jpg

80歳を超えてなお厳冬期の冬山に分け入る孤高の写真家が、半世紀にわたり追い続けた”神の鳥”ライチョウ。ライフワークである日本アルプスの壮大な風景と共に綴る写真家・水越武の「山恋の歌」、ここに完結! (写真集帯より) 新潮社刊・定価:5500円(税別)

s-SDIM5713.jpg

s-SDIM5715.jpg

☆2020年4月2日(木)-26日(日)12:00~19:00(火-金)  (土-日)は18:00ま    で。ナイトギャラリー4月10日、24日は21:00まで。月・祝日は休館。作者在廊は5日まで。

☆コミニケションギャラリーふげん社 目黒区下目黒5-3-12 TEL:03-6264-3264      トークショー:4月4日(土)16:00~18:00 水越武x関次和子(東京都写真美術館学芸員)   参加費:1000円(予約必要)

s-SDIM5694.jpg

s-SDIM5695.jpg

s-SDIM5703.jpg

s-SDIM5698.jpg

s-SDIM5700.jpg

s-SDIM5708.jpg

しばらく信州の山に籠っていて東京へ降りてきて5日には北海道の屈斜路の自宅に帰ると言う。昨年2月~3月のリコーイメージングスクエア銀座での個展のときに呑んだ以来の再会だったので軽く一杯やって帰ることにした。以前に何度か行ったことのある目黒川近くの権現坂の沖縄の店へ行った。島酒が美味しいと水越さんはしたたかに呑んだ。僕も話が弾んで呑んだ・・・。気が付いたら何と午後10時30分を回っていた。7時前から呑み始めたがら4時間近く呑んだことになる。100人近くは入れる店内のお客は僕らだけ。沖縄市出身の大将が話し相手になってくれた・・・・。

s-SDIM5709.jpg

沖縄(旧コザ)市出身の経営者は、僕より一回り程若い。18歳の時に沖縄を出て、様々な差別に会ったが、何とかこの店を始めてから13年。妻子、両親を沖縄において一人で東京で働いているという。ここ数年は一度も帰省していないと言っていた。いままで必死に頑張ってきたが、今回の事態はかってと状況が全く違うと嘆いた。近くの目黒川の桜堤は満開で例年なら大勢の花見客でごった返している。しかし、僕も見てきたが人っ子ひとりいなく、暗い。一杯予約が入っていたのに3月以降全てキャンセル。4月中の予約もキャンセルが続いていると肩を落としていた・・・。

水越さんも僕も少しでも沖縄の店の応援になればと思い、ひたすら呑み続けたのであるよ・・・。これが真実~!!(⋈◍>◡<◍)。✧♡

s-SDIM5591.jpg

s-SDIM5593.jpg

重たい雪がかぶさって可哀そうと老人が、桜の一枝づつを払っていた・・・。

s-SDIM5588.jpg

s-SDIM5585.jpg

24日に第21回目の「櫻を見る会」をした桜の木。雪にすっぽりと被われていた・・・。

s-SDIM5599.jpg

s-SDIM5595.jpg

s-SDIM5597.jpg

s-SDIM5600.jpg

s-SDIM5603.jpg

s-SDIM5607.jpg

s-SDIM5610.jpg

s-SDIM5611.jpg

s-SDIM5614.jpg

s-SDIM5616.jpg

s-SDIM5618.jpg

s-SDIM5621.jpg

s-SDIM5623.jpg

s-SDIM5629.jpg

s-SDIM5632.jpg

s-SDIM5635.jpg

s-SDIM5640.jpg

s-SDIM5644.jpg

春の雪は水分を含んでいる。桜の枝があちこちで折れていた。家の庭の山茶花と金木犀も雪をかぶって折れそうだったので、一枝づつ雪を払ってきた・・・。

s-SDIM5649.jpg

s-SDIM5650.jpg

s-SDIM5654.jpg

s-SDIM5657.jpg

s-SDIM5661.jpg

s-SDIM5659.jpg

s-SDIM5664.jpg

s-SDIM5666.jpg

s-SDIM5681.jpg

s-SDIM5668.jpg

s-SDIM5675.jpg

s-SDIM5676.jpg

s-SDIM5684.jpg

s-SDIM5583.jpg

s-SDIM5580.jpg

ラストのカットはわが家の玄関前の畑。定点観測のように同じ所を撮影した。(2020年3月29日)

s-SDIM5425.jpg

写真は全て家から出て、ゆっくりと歩いて周っても30分足らずの所での撮影です・・・。

s-SDIM5417.jpg

s-SDIM5421.jpg

s-SDIM5427.jpg

s-SDIM5453.jpg

s-SDIM5430.jpg

s-SDIM5432.jpg

s-SDIM5434.jpg

s-SDIM5439.jpg

s-SDIM5443.jpg

s-SDIM5446.jpg

s-SDIM5449.jpg

s-SDIM5451.jpg

s-SDIM5462.jpg

s-SDIM5459.jpg

s-SDIM5467.jpg

 s-SDIM5471.jpg

s-SDIM5483.jpg

s-SDIM5478.jpg

s-SDIM5494.jpg

s-SDIM5497.jpg

s-SDIM5505.jpg

s-SDIM5529.jpg

s-SDIM5523.jpg

s-SDIM5502.jpg

s-SDIM5514.jpg

s-SDIM5519.jpg

s-SDIM5546.jpg

s-SDIM5541.jpg

s-SDIM5551.jpg

s-SDIM5555.jpg

s-SDIM5560.jpg

s-SDIM5415.jpg

s-SDIM5563.jpg

s-SDIM5569.jpg

s-SDIM5571.jpg

s-SDIM5574.jpg

最後のカットは家の玄関前の畑です・・・・。(撮影:2020年3月26日)

s-SDIM5391.jpg

s-SDIM5395.jpg

今年の櫻は、数年ぶりに美しく開花していて、参加者の心を和ませてくれた・・・。

s-SDIM5351.jpg

s-SDIM5360.jpg

s-SDIM5363.jpg

恒例の僕の手作り”土佐・鰹のたたき”を、今年も参加者のみなさんに振舞うことができた・・・。

s-SDIM5371.jpg

参加者一人一人が手作りで持ち寄った料理。飲み物も世界と日本の銘酒が集まってみな堪能した。

s-SDIM5367.jpg

s-SDIM5373.jpg

s-SDIM5378.jpg

s-SDIM5379.jpg

s-SDIM5381.jpg

s-SDIM5382.jpg

川べりを吹き抜ける寒風が、火照った顔を心地よく撫でていったとは言えず、2時間もたつと体の芯まで冷えて、そうそうに切り上げることとなった・・・。

s-SDIM5384.jpg

s-SDIM5387.jpg

新型コロナウイルスの感染が社会問題化している中だけに、本当に親しい人だけに声をかけたが11人の参加者があり、うれしかった。来年もまた集いましょうね。

s-SDIM5407.jpg

s-SDIM5405.jpg

2次会は、午後4時から近くの料理屋で8人が参加した。この後、5人が3次会のお寿司屋さんへ。結局午後1時30分からスタートした「櫻を見る会」から3次会を終えたのは10時を回っていた。約10時間程飲み食いしていたことになる。お元気そのもの。みなさんお疲れさまでした・・・。  合掌

s-SDIM5399.jpg

新型コロナウイルスに負けるな~!!という気持ちを込めて~♡☆ ご自愛くださいませ。 合掌

s-SDIM5275.jpg

s-SDIM5299.jpg

s-SDIM5292.jpg

s-SDIM5288.jpg

s-SDIM5276.jpg

s-SDIM5268.jpg

撮影:一般社団法人 日本写真著作権協会(無断複製禁止)

s-SDIM4441.jpg

s-SDIM4443.jpg

s-SDIM4449.jpg

s-SDIM4519.jpgs-SDIM4524.jpg

s-SDIM4521.jpg

s-SDIM4525.jpg

s-SDIM4559.jpg

s-SDIM4617.jpg

s-SDIM4619.jpg

s-SDIM4701.jpg

s-SDIM9537[1].jpg

s-SDIM4665.jpg

s-SDIM4711.jpg

s-SDIM4714.jpg

s-SDIM4723.jpg

s-SDIM4745.jpg

s-SDIM4753.jpg

s-SDIM5088.jpg

s-SDIM5092.jpg

s-SDIM5096.jpg

s-SDIM5167.jpgs-SDIM5169.jpg

s-SDIM5218.jpg

s-SDIM5098.jpg

s-SDIM5206.jpg

s-SDIM5213.jpg

s-SDIM5249.jpg

s-SDIM5255.jpg

s-SDIM5258.jpg

 

s-SDIM3591.jpg

s-SDIM3754.jpg

s-SDIM3758.jpg

s-SDIM3759.jpg

s-SDIM3768.jpg

s-SDIM3766.jpg

s-SDIM3831.jpg

s-SDIM3838.jpg

s-SDIM3864.jpg

s-SDIM3874.jpg

s-SDIM3885.jpg

s-SDIM3889.jpg

s-SDIM3897.jpg

s-SDIM3900.jpg

s-SDIM3903.jpg

s-SDIM3908.jpg

s-SDIM3912.jpg

s-SDIM3947.jpg

s-SDIM4088.jpg

s-SDIM4090.jpg

s-SDIM4101.jpg

s-SDIM4113.jpg

s-SDIM5235.jpg

東銀座から今年になって目黒へと移転したふげん社への道。

s-SDIM5231.jpg

ふげん社の1Fフロアーは、おしゃれな喫茶店のようなスペース。写真集などの本も豊富にそろえていた・・・。左側でコーヒーを入れている人は、ふげん社ならびに渡邊美術印刷(株)代表取締役社長の関根薫さん。

s-SDIM5229.jpg

s-SDIM5224.jpg

ギャラリーは3Fのスペース。写真家の土田ヒロミさんが来て作品について解説をしてくれた。新ふげん社ギャラリーのこけら落としにふさわしい見ごたえのあるユニークな展示だった・・・。

s-SDIM5227.jpg

s-SDIM5239.jpg

その足で、丸の内の新東京ビルでやっている桑原史成さんの写真展と桑原さんを被写体として追った吉田護さんの写真展を見た。親しい先輩写真家・桑原さんと。

s-SDIM5237.jpg

写真家・眞月美雨さんと桑原さん。

s-SDIM5244.jpg

吉田護さんの写真展会場。新型コロナウイルスの影響で、会場内ではソファーに座ったり、飲み物を飲んだりすることは禁止になっていた・・・。

s-SDIM5242.jpg

タブレットで撮影をする桑原さん。SNSもやっている。

s-SDIM5240.jpg

s-SDIM5245.jpg

新東京ビル1Fにある快晴堂フォトサロンのオーナーの佐藤仁重さん(左から2人目)と。彼女はJPSの会員であり、全日本写真連盟関東本部委員でもある。

s-SDIM5248.jpg

桑原さん。後ろにあるカメラは彼がさまざまなアイディアを出し工夫して制作したフィルムをデジタル化する装置。右は(株)快晴堂部長の堀江仁美さん。

s-SDIM5215.jpg

文京区本郷にある(株)本の泉社へ行って今年6月~7月に刊行予定の僕の著書『写真と文学の間』(案)の原稿を入稿した。四六判の文章が中心となる本だ。昨年から急遽、同社の社長となった新船さんは、文芸評論家として著書もずいぶんと出版している。良い本にしたいと思っている・・・。

s-SDIM5174.jpg

参加者に作品の解説をする写真家・並木すみ江さん。

s-SDIM5177.jpg

会場には「沖縄平和学習ツアー」等で撮影した並木さんの写真、約50点と沖縄タイムスや琉球新報の記事など資料が多数展示されていた。

s-SDIM5180.jpg

同写真展実行委員会の中河原委員長が23年間の会の歴史を熱く語った・・・。

s-SDIM5183.jpg

s-SDIM5190.jpg

突然の指名であいさつをすることになった僕。並木さんの写真の師匠という紹介だった。ぼくと沖縄との係わりなどについて、37年間取材してきた一端を語った・・・。

s-SDIM5187.jpg

s-SDIM5191.jpg

s-SDIM5195.jpg

s-SDIM5197.jpg

s-SDIM5198.jpg

「風」同人である並木すみ江さんを囲んで写真研究塾「風」の同人・眞月美雨さんと塩崎亨君。前メンバーだった写真家の鈴木渉(中央)君と菱山忠浩(その右隣り)君も来てくれた・・・。言うまでもないが、この後、会場近くでこれから仕事があるという塩崎君を除いた5人で、並木さんの祝う会を行った。菱山君を先頭に写真談義を肴に、久しぶりにしたたかに呑んだ~!♡☆

 

s-SDIM5117.jpg

参加者のみなさんに挨拶をする写真家・芥川仁さん。

s-SDIM5115.jpg

新型コロナウイルスの感染が社会問題化している中、多くの人々が駆けつけてくれた・・・。会場内ではマスクはみな外していた。

s-SDIM5122.jpg

同時出版した写真集『羽音に聴くー蜜蜂と人間の物語ー』の版元である(株)共和国代表の下平尾直さん。あいさつを兼ねて本のPRをした・・・。

s-SDIM5110.jpg

松本徳彦公益社団法人日本写真家協会副会長、写真家の大石芳野さん、前「アサヒカメラ」編集長などをはじめ、大勢の写真家、編集者、カメラメーカーなどの人々が参加していた・・・。

s-SDIM5125.jpg

祝辞と乾杯の音頭をとったのは、水俣を芥川さんらと共に撮り続けている先輩写真家の桑原史成さん。奥様も出席していた・・・。

s-SDIM5121.jpg

s-SDIM5133.jpg

協同組合日本写真家ユニオンの同じメンバーであるとともに、写真家の大先輩である芥川さんにお祝いのあいさつをする写真家・眞月美雨さん。

s-SDIM5137.jpg

日本写真家協会理事、協同組合日本写真家ユニオン創設当時から彼が副理事長で僕が専務理事として、ともに歩んできた"同志”でもある・・・・。

s-SDIM5134.jpg

s-SDIM5139.jpg

左から公益社団法人日本写真家協会理事の写真家・飯島幸永さん、元共同通信社編集委員でジャーナリストである新藤健一さん、そして芥川仁さんに僕でした・・・。

s-SDIM5143.jpg

中締めのあいさつをする公益社団法人日本写真家協会名誉会員の写真家・木村恵一さん。

s-SDIM5145.jpg

s-SDIM5150.jpg

芥川さんの奥様(右)も紹介された・・・。

s-SDIM5154.jpg

左から2人目はライターの阿部直美さん、右端は阿部さんの旦那さんの写真家。芥川仁ご夫妻の間にいるのは岩波新書編集部の上田真理さん。30数年前からの知り合いだ。久しぶりの再会にお互いに驚くとともに話が弾んだ・・・。

s-SDIM5157.jpg

岩波新書から2人で著書をだしている芥川さんと坂本直美さん一家と記念写真をパチリ~!♡☆

s-SDIM5107.jpg

キャノンギャラリーの隣にあるワインバーで軽く一杯~!♡☆イベリコ豚のハムの燻製が美味だった・・・。

s-SDIM5102.jpg

大好きな生ビールで・・・。

このウェブサイトの写真作品、文章などの著作権は小松健一に帰属します。無断使用は一切禁止します。