写真家 小松健一・オフィシャルサイト / Photographer Kenichi - Komatsu Official Website

BLOG - ブログ

s-IMG-2050.jpg

12月2日午後3時過ぎから搬入・展示作業がはじまり、5時30分には終了した。左からギャラリー・シリウス担当の望月彩子さん、僕(中央)をはさんで右が作者の橋都とみ子さん、左が写真家・眞月美雨さん、前列右が(株)写真弘社澁井専務、(株)フレームマンのスタッフの人たちと。お疲れさまでした~!♡☆

s-SDIM0484.jpg

s-SDIM0477.jpg

南信州・高森町から駆けつけてくれた橋都とみ子さんの夫(中央)を囲んで記念写真。展示作品は、全倍5点、全紙52点、合計57点の見ごたえのあるもの。ぜひ、ご覧ください。

s-SDIM0493.jpg

初日3日、天気がすぐれないのに、駆けつけてくれた写真研究塾「風」同人の眞月美雨さん(左から)、僕、橋都とみ子さん、「風」同人の並木すみ江さん、福浦港の漁師・佐々木幸寿船長。写真家・鈴木渉さん。

s-SDIM0500.jpg

s-SDIM0507.jpg

コロナ禍の中なので、慎ましやかに身内希望者のみの「写真集出版・写真展開催を祝う会」を行った。人数は少なく、声は小さかったが熱い写真談議が3時間余り続いた・・・。

s-SDIM0510.jpg

11月28日に初版が刊行された橋都とみ子写真集『家族 紐帯』。右が表紙、左裏表紙。帯と表紙カバーの袖に僕が推薦文を書いている。下は写真展のDM。

s-SDIM0472.jpg

3日前に約1年ぶりの沖縄取材から戻った。6月の沖縄慰霊の日をはさんで2週間ほど取材を組んでいたのだが、コロナ禍の中で中止せざるを得なかった。今回も2か月以上前から予定をし、エアチケットやホテルなど予約を済ませていたので、思い切って実施したのである。島に滞在中に体調を崩し、思うような取材は出来なかったが、写真報告などは今後にしたい。とりあえず何とか無事に帰れたことをご報告します。

s-SDIM0468.jpg

上が朝日新聞の記事。下が沖縄タイムスの記事です。朝日のコラム記事は僕が執筆したが、タイムスの方は、この欄の月曜日担当の・阿部岳編集委員が書いた。彼とは沖縄滞在中にも那覇で会った。20数年来のジャナ―リスト仲間でもある。

朝日新聞の「俳壇・歌壇」欄のこのコラムは俳人、歌人以外はほとんど執筆しないと聞いていたので、依頼のあった担当記者に「僕みたいな門外漢でいいのか・・・」と聞いたら、よろしい。何を書いても結構ですとのこと。但し、自分の俳句ではない、3句以上の俳句を紹介するのが条件だと言う。それでせっかくだから写真家の先輩たちの句を紹介したのである。土門拳、秋山庄太郎、岩宮武二の各氏の句だ。ぜひ、読んで見てください・・・。

s-SDIM0278.jpg

偶然にも内田耕作さんの次男の方が(中央)がいて父親から来たという絵葉書を見せてもらった。僕が30年以上前からお世話になったシグマの内田さんは、彼のお兄さんだと言っていた。

s-SDIM0279.jpg

内田さんの作品をじっくり見たのは初めてだった。昭和初期から活躍していた山岳写真家の先達だ。日本山岳写真協会の創設に尽力。その後、深谷久弥、尾崎喜八、櫛田孫一らと共に山岳写真などの普及に係わってきた。作品は自然の造形美を追求したもので戦前から戦後にかけて、これだけ洗練された映像感覚をもった写真家がいたことに、正直驚いた・・・。写真は彼が愛用していたカメラ機材。

s-SDIM0281.jpg

市ヶ谷駅の総武線ホームで。

s-SDIM0285.jpg

12月3日~9日まで、新宿御苑前のアイデムフォトギャラリーシリウスで開催する写真研究塾「風」会員の橋都とみ子さんの写真展の作品プリントの最終チェックを11月21日午後、写真弘社で行った。全倍5点、全紙50点と見応えのある写真展になる。ぜひ、ご覧ください~!♡☆ 右が橋都とみ子さん、左は(株)写真弘社専務取締役の澁井誠さん。柳澤卓司社長もあいさつに来てくれた。

s-SDIM0288.jpg

s-SDIM0289.jpg

東京・丸の内ビル街に彩られるイルミネーション。

s-SDIM0298.jpg

s-SDIM0294.jpg

s-SDIM0295.jpg

s-SDIM0297.jpg

s-SDIM0300.jpg

s-SDIM0302.jpg

お互いに名前と活動や作品は知っていたが、直接会うのは初めてだった。1時間程いろいろと話したが、想像していたとおりの人だった。写真家として筋の通した生き方をしていて共感を持った。11月25日から2021年2月13日まで、gallery bauhausで開催される井津建郎写真展「ETERNAL LIGHT永遠の光」インドで撮影した作品展でも、また会えたら合いましょうと言って別れた・・・。

s-SDIM0275.jpg

早いもので、2020年もあとわずかとなりました。本来なら56年ぶりに開催されるはずだった東京オリンピックも世界中を震撼させたコロナ禍のなかで延期となった。しかし、師走も正月も確かに巡ってくる。そして日本に昔からあるお歳暮という習慣。貧乏写真家の僕としては、この良き、ありがたき風習のために年末、年始を何とか越せることができるのだ・・・。

全国のこころ優しいみなさまのあたたかいお気持ちに、深く感謝申し上げます。  合掌

                                   日本お布施党 党首

☆Nさま(埼玉)会津みしらず柿一箱  ☆Yさま(長崎)呼子の朝市日干しセット  ☆Hさま(長野)銘菓 座光寺もなか   ☆Tさま(埼玉)大根、白菜、八頭芋など冬野菜  ☆Iさま(埼玉)豆腐、揚げ出し、納豆、厚揚げなど豆腐セット    心からありがとうございました・・・。 

s-SDIM0244.jpg

s-SDIM0257.jpg

s-SDIM0258.jpg

2006年に木之下さんは、日本写真協会賞作家賞を受賞している。この時、僕も年度賞を受賞した。功労賞として東松照明さん、奈良原一高さんがともに受賞した。僕がフリー写真家になりたての1980年代初めは、取材先のコンサート会場ではいつも木之下さんと一緒だった。作曲家の芥川也寸志さんたちに連れられていつも打ち上げには参加した。そんな時にもあまり酒は飲めない木之下さんも必ずカメラを持って傍にいた・・・。

s-SDIM0248.jpg

s-SDIM0254.jpg

残念ながらお会いできなかったが、またの機会に~!♡☆いろいろと話したいことがあるのだ・・・。12月7日まで東京・丸の内にあるFUJIFILM imaging Plaza Gallerydeで、井津建郎写真展「抏州 忘れられた大地」、gallery banhausで「ETERNAL LIGHT」(2021年2月13日まで)を同時開催している。

s-SDIM0250.jpg

朝日新聞写真部出身で現在は(公益)日本写真家協会会員の八重樫信之さんは会場にいたのでハンセン病などのことについて語った・・・。

s-SDIM0264.jpg

s-SDIM0260.jpg

千代田さんを囲んで。(株)タムロンの人たちと写真家・眞月美雨さん。この写真展に合わせて同名の手作り限定の版型の違う美しい写真集を2種類作成した。いま、彼女は造本にはまっているという。ぜひ、ご覧ください~!♡☆

s-SDIM0059.jpg

s-SDIM0061.jpg

新宿副都心の黄葉も色好き始めていた・・・。ニコンサロンからリコーイメージングスクエアへの街路樹(2020年11月9日)。

s-SDIM0063.jpg

銀座の外堀通りに面した場所にある吉井画廊。残念ながら山岸さんはいなかった・・・。

s-SDIM0067.jpg

s-SDIM0136.jpg

s-DSC_0118.jpg

「写真集団・上福岡」と写真研究塾「風」のメンバー有志が集まり、小江戸川越として知られる川越市で小さな旅の撮影会を行った(2020年11月10日)。

s-SDIM0197.jpg

この日、モデルをかって出てくれた大学生のHさん(左)から「写真集団・上福岡」の一瀬さん、長野県伊那谷から参加した写真研究塾「風」の橋都さん。撮影会終了後、お疲れさま会をした。

s-SDIM0200.jpg

写真研究塾「風」メンバーで、94歳6ヵ月となった中村咲さん。友人の堀口さんと。

s-SDIM0196.jpg

s-SDIM0203.jpg

s-SDIM0208.jpg

左から著書の中村咲さん、橋都とみ子さん、東京印書館の営業担当の佐々木さん、アートディレクターで執行役員の高栁さん(2020年11月11日)。

s-SDIM0210.jpg

s-SDIM0214.jpg

お昼は工場近くのときがわ町の地粉うどん店で、ご馳走になった・・・。

s-SDIM0216.jpg

遠い信州・下伊那郡高森町から来た橋都とみ子(下の写真)さんのお疲れさま会を東京印書館の佐々木さん(右)も招いてささやかに行った。

s-SDIM0219.jpg

s-SDIM0227.jpg

お店のスタッフと・・・。

s-SDIM0237.jpg

s-SDIM0229.jpg

「写真集団・上福岡」の11月例会。来年3月3日~7日に富士見市民会館で、第38回「写真集団・上福岡」写真展が決まっているので展示作品の選考に力が入った。一瀬邦子さんの作品(2020年11月12日)。

s-SDIM0238.jpg

s-SDIM0045.jpg

毎日新聞(11月5日付)の社会面に写真入り5段記事として掲載された。すでにデジタル版にも紹介されている。

s-SDIM0047.jpg

中国新聞(10月5日付)平和のページに写真入り5段記事として掲載された。

s-SDIM0056.jpg

長崎新聞(10月19日付)文化面に写真入りで4段分ほどの記事で掲載された。

s-SDIM0043.jpg

しんぶん赤旗(9月27日付)社会・総合面に写真入り4段の記事で掲載された。

s-SDIM0050.jpg

月刊CAPA(キャパ)11月号ニュースジャーナルのページに写真入りで3段の記事で紹介された。尚、ここには現物が手元にないので紹介できなかったが、日本ジャナ―リスト会議が発行している月刊ジャナ―リストの751号(10月25日付)に写真入り8段記事で紹介された。執筆したのは、「反核・写真運動」運営委員の新藤健一さん。次号にも連載すると予告している。

s-SDIM0053.jpg

s-SDIM0016.jpg

新宿駅西口方面をニコンサロンがある新宿エルタワー28Fから望む。

s-SDIM0014.jpg

s-SDIM0012.jpg

写真家の清野健人さんと写真家の眞月美雨さん。

s-SDIM0019.jpg

写真展会場で写真家・熊切大輔(公益社団法人日本写真家協会理事)さんと眞月美雨さん。僕は父親の熊切圭介(前日本写真家協会会長)さんの近況について詳しく聞いた・・・。

s-SDIM0023.jpg

s-SDIM0025.jpg

s-SDIM0032.jpg

s-SDIM0026.jpg

東京都写真美術館で、生誕100年 石元泰博写真展「生命体としての都市」(11月23日まで)、故郷である高知県立美術館で、2021年1月16日~3月14日まで開催する。

s-SDIM0029.jpg

s-SDIM0030.jpg

 僕は写真を本格的にするために上京した1972年以降、写真家・石元泰博にすごく影響を受けた。彼の処女作品集『ある日ある所』や『シカゴ シカゴ』を見て衝撃を受けたのである。もうその写真集が欲しくて欲しくて都内の古本屋を探し回った。そうしたら池袋にあった西武美術館のショプに『シカゴ シカゴ』が売っていたのだ。当時の僕の給料1か月分を超える12、000円だった。

清水の舞台から飛び降りる覚悟で買った。それからの1か月間はパン屋さんでただで貰ったパンの耳が主食だった。今だからもう時効だろうから告白するが、会社のカメラやストロボを質にいれて何とか食いつないだりもした。そのくらい石元泰博に惚れ込んでいたのである。

そんなことがあってから十数年たったある日に、石元さんに直接会って話をする機会があった。「田村茂の弟子です」と言うと「ほう田村さんはお元気ですか・・・」と懐かしそうな眼をした。僕がサインをくださいと言うと、「僕はアメリカ暮らしが長いので漢字は上手く書けないので、サインはしたことがない」と言いつつも書いてくれた。その字は誤字もあり確かに子どもが書いたような字ではあったが、僕にとっては宝物である・・・。

s-SDIM7346.jpg

10月20日午後3時から7時まで、(株)東京印書館本社において、最終的な入稿をするためにスタッフたちと打ち合わせと作業をおこなった。右から営業担当の佐々木政美さん、装幀・デザイン担当の塩崎亨さん、編集助手の眞月美雨さん。

s-SDIM7353.jpg

s-SDIM7355.jpg

表紙、表紙カバー、帯、扉などのデザインの最終確認が行われて、それぞれ使用する紙とインクの色など選定がおこなわれた・・・。

s-SDIM7347.jpg

s-SDIM7350.jpg

場所かえて、本文の写真1点づつを確認して微調整をしていく作業・・・。

s-SDIM7352.jpg

作業が一段落したのは、4時間後だった。デザイナーは仕事を家に持ち帰り、翌日に入稿することとなった。僕はその3日後、再び印書館へ行って、データの変更など打ち合わせをした。20日は作業が終わったあと近くの食堂へ行って遅い夕食を取り、出版の成功に向けてささやかな乾杯をしたのだ~!♡☆

s-SDIM7369.jpg

s-SDIM7375.jpg

今年がコロナ禍のために第38回「写真集団・上福岡」写真展が延期になり、来年3月3日~7日まで富士見市民文化会館での開催が決まっている同集団の10月例会が24日開かれた。作品30点の個展をする会員が1人、他の会員もそれぞれ10点ほどの作品を展示するので、各自気合が入っている。11月にはDMが決まり、年内には印刷が仕上がる予定だ。

s-SDIM7313.jpg

前回、髪を切ったのが5月24日だったので5カ月間弱となる。ボサボサの髪型だったのが、ヘアメイクアップアーティストの眞月美雨さんにかかるとあっという間に変身~!♡ 話題の北朝鮮のK君のヘアスタイルを意識したわけではないさ~!☆

s-SDIM7323.jpg

s-SDIM7328.jpg

渋谷スクランブル交差点は、配達の自転車とコロナ禍で客足が少なくなった人力車を使ってのPRが回っていた・・・。

s-SDIM7336.jpg

金大偉さんのパステル画の作品。彼の両親は画家で、自身も音楽をやる前は絵画を描いていたという。現在は音楽家で映像作家で、映画監督もと幅広い芸術活動をしている。

s-SDIM7332.jpg

会場に置かれたグランドピアノに座って即興でオリジナル曲を奏でた・・・。僕と金大偉さんとは、かれこれ20年数前からの付き合いである。石神井公園近くに住んでいた時に、近所の酒屋の女将が、ぜひに紹介したい青年がいると会ったのが彼だった。出したばかりのCDを差し出して「ぜひ、聞いてください」と言って手渡された記憶が鮮明にある・・・。

s-SDIM7345.jpg

仲の良い写真家・眞月美雨さんと。

s-IMG_1779.jpg

会場オープンは、11:00~18:00(最終日13:00)入場無料(イベントのみ有料)。◆スペシャルイベントⅠ 10月24日(土)映画上映「花の億土へ」&監督の金大偉氏トーク 18:00オープン 19:00スタート入場:2.000円 ◆スペシャルイベントⅡ 10月25日(日)音楽ライブ「New Asian Spirits」14:30オープン 15:00スタート 入場:2.500円 ※申し込み・問い合わせ アルル:042-705-5096 ◆最寄り駅:京王相模原線・多摩境駅(東口 徒歩約3分)      

s-IMG_1787.jpg

事務所の近所のホルモン焼きの店。店内と経営者は3代目と変わったが、すでに40年ほど通っている。在日のおばあちゃんがやっていた店だったが、いまは20代の美女たちが切り盛りしている。しかし、タレの味は昔と変わらない・・・。ホルモン焼きに合う薩摩の芋焼酎「白波」は常にキープしてあるよ~!呑みに来てね・・・。

s-IMG_1788 (1).jpg

美雨さんもこの店が気に入っているので、時々は来る。「フォトコン」の坂本副編集長もこの店のファンで僕との打ち合わせの時などは必ずこの店に寄る。でもしばらくは来ていないな~!♡

s-SDIM7277.jpg

「写真集団・上福岡」の前会長だった田中さん(中央)を囲んで、講演会に参加した「写真集団・上福岡」のメンバー。右端、5代目となる現会長の竹川義之さん。その隣は事務局担当の一瀬邦子さん。左から3人目は顧問の山本恵子さん。

s-SDIM7280.jpg

届けられた花鉢を持って記念写真。展示作品は46点。「生活の中の花たち、人とともにある花」がテーマだという。

s-SDIM7290.jpg

s-SDIM7283.jpg

s-SDIM7287.jpg

昨年にこの店の主が亡くなり、手伝いに来はじめたお嫁さん。お愛想がいい。

s-SDIM7292.jpg

s-SDIM7285.jpg

上福岡きっての老舗焼き鳥屋「鳥八」で田中さんの奥様・とみ子さんも参加して、ささやかな祝う会をおこなった。この店の鳥料理は独特で旨い。魚も新鮮だ。

s-SDIM7296.jpg

s-SDIM7298.jpg

 9月19日発売の「CAPA」10月号に8月に刊行した僕の『写真家の心 詩人の眼』(本の泉社発行)が編集部が気になる本をピックアップ!!として大きく紹介してくれた。それほど長くはない記事だが、要領よくまとめた内容であった・・・。 合掌

このウェブサイトの写真作品、文章などの著作権は小松健一に帰属します。無断使用は一切禁止します。