写真家 小松健一・オフィシャルサイト / Photographer Kenichi - Komatsu Official Website

BLOG - ブログ

 

s-SDIM6421.jpg

2020年度の写真研究塾「風」の本来のスタートは4月5日だったが、コロナ渦の影響でこの日にづれ込んだ。長野県飯田地方から通っている会員や埼玉県の奥地に暮らす会員などはじめ、岡山、香川の地方メンバーも参加出来ず、少ない参加者だったが、無事にスタートできたことは何よりであった。この日は30数年前に僕が釣り雑誌の連載をしていたころ、担当の編集者だったH君が見学に来た。(左端)現在はフリーランスの編集者をしているという。作品も10数点持ってきたが、ジャナ―リスティクな眼が生きていて新鮮だった。

s-SDIM6423.jpg

コロナの日々も感染のリスクを負いながら渋谷スクランブル交差点を取材し続けて、200点ほど作品を持ってきた眞月美雨同人(右2人目)。

s-SDIM6430.jpg

s-SDIM6432.jpg

s-blog専用.jpg

例会が終了したあと、有志でささやかな夕食会をおこなった。渋谷センター街は以前とは比較にならないものの、人は徐々に戻っていた・・・。(撮影:塩崎亨同人)

s-image1.jpg

s-SDIM6352.jpg

家の前の畑に咲いていた紫陽花と百合の花。

s-SDIM6356.jpg

s-IMG_1416.jpg

s-IMG_1426.jpg

約3ケ月ぶりの外食。この間いろいろと手伝ってくれたお礼に、「丑の日の鰻」にはまだ早いが鹿児島産のうなぎをご馳走した。僕自身は数年ぶりに食べるうなぎだった・・・。

s-SDIM6350.jpg

s-SDIM6435.jpg

写真集団・上福岡の例会も2月以降、中止になっていたので4か月ぶりだった。7月18日~22日に開催予定だった第38回「写真集団・上福岡」写真展も延期となった。2021年3月3日~7日に改めて開催される。個展をする会員をはじめ力作が期待される・・・。

s-SDIM6437.jpg

s-SDIM6325.jpg

早朝7時半に家を出て、撮影は10時30分から始まった。この日の助手は写真家の塩崎亨君と眞月美雨さんだ。

s-SDIM6308.jpg

s-SDIM6306.jpg

s-SDIM6309.jpg

s-SDIM6331.jpg

s-SDIM6313.jpg

s-SDIM6315.jpg

s-SDIM6320.jpg

s-SDIM6318.jpg

昼食は神奈川県藤沢市にある撮影スタジオからほど近い食堂で。相模湾の獲りたての鮮魚が旨い店だ・・・。

s-_DSC1016.jpg

s-SDIM6330.jpg

s-SDIM6326.jpg

s-SDIM6327.jpg

s-SDIM6329.jpg

s-SDIM6242.jpg

6月3日、2か月ぶりに都内に呑みに出かけた。27年間お世話になっている一般財団法人全日本海員福祉センターの総務部長だった鈴木さん(右端)が突然に広島への単身赴任が決まった。時世が時世だけに大げさには歓送会は開けないが、彼と親しい人のみに呼びかけてささやかな会を設けた。わずかな時間であったが喜んでくれたのが何よりであった・・・。会場となった池袋の沖縄料理店「みやらび」も2か月間休業していて6月1日から時間短縮で開店したばかりだった。

s-SDIM6240.jpg

s-SDIM6237.jpg

s-SDIM6244.jpg

s-SDIM6275.jpg

6月6日、夕方から新宿の全国保険医団体連合会の事務所で審査が行われた。審査員の2人で全応募作品の講評をした。

s-SDIM6278.jpg

s-SDIM6279.jpg

s-SDIM6280.jpg

s-SDIM6276.jpg

審査を担当した僕(審査委員長)と公益財団法人日本写真家協会会員の岩本正彦さん(右)と事務局担当の曽根さん。お疲れさまでした~!♡☆

s-SDIM6155.jpg

非常事態宣言は解除されたものの、みなマスクは欠かせない。異常な審査の光景である。写真展は横浜みなとみらいギャラリー7月7日~13日。福岡展は9月3日~8日。今回の第31回展から全入賞・入選作品120点が初めて展示される。また同会場で第35回日本の海洋画展が併設して同時に展示されることになった。その後、神戸でも巡回展が行われる。

s-SDIM6150.jpg

僕の右側が今回初めて審査を担当した写真家・塩崎亨さん。東京写真学園の講師を務めている。人気グループ、EXILEをここ7~8年、海外も含めて取材を続けている・・・。

s-SDIM6157.jpg

s-SDIM6160.jpg

s-SDIM6162.jpg

s-SDIM6165.jpg

s-SDIM6167.jpg

s-SDIM6170.jpg

審査に最後まで立ち会ったマリナーズ・アイ展事務局の人たち。他に男性も3人いたが写真には写っていない・・・。

s-SDIM6184.jpg

審査翌日の5月28日、午後からの突然の激しい雷雨のあと、夕方には雨も止み、きれいな夕空が広がった・・・。自宅前からの撮影。

s-SDIM6072.jpg

渋谷公園どうり。日曜日午後1時頃。モフ・ヘアサロンへの道。

s-SDIM6061.jpg

渋谷センター街。24日午後1時頃。

s-SDIM6064.jpg

s-SDIM6068.jpg

渋谷スクランブル交差点。午後1時頃。

s-SDIM6077.jpg

s-SDIM6080.jpg

s-SDIM6083.jpg

s-SDIM6087.jpg

昨年12月初旬に髪も髭も切ったきりだったので、伸び放題だった・・・。

s-SDIM6090.jpg

s-SDIM6101.jpg

s-SDIM6107.jpg

s-SDIM6109.jpg

s-SDIM6113.jpg

2時間もしないで終了。ヘアカラーは、眞月美雨さん特製配合のニューオリジナル色。写真の師匠の僕からすると写真家・眞月美雨よりもヘアメイクアップアーティスト・眞月美雨の方が経験豊富なキャリアがあるだけ凄いかもね~!♡☆

s-SDIM6122.jpg

s-SDIM6125.jpg

s-SDIM6133.jpg

s-SDIM6130.jpg

渋谷駅東口、宮益坂と明治通りの交差点。

s-SDIM6136.jpg

地下鉄が複数本入っているメトロ駅へ。

s-SDIM5795.jpg

s-SDIM5789.jpg

s-SDIM5799.jpg

s-SDIM5804.jpg

s-SDIM5800.jpg

s-SDIM5811.jpg

s-SDIM5817.jpg

カレーたっぷり讃岐うどん。

s-SDIM5834.jpg

s-SDIM5821.jpg

s-SDIM5825.jpg

s-SDIM5838.jpg

s-SDIM5843.jpg

骨付き手羽元の煮込みに味付け玉子

s-SDIM5844.jpg

s-SDIM5855.jpg

木耳での一品

s-SDIM5877.jpg

s-SDIM5880.jpg

砂肝の煮つけ

s-SDIM5887.jpg

s-SDIM5891.jpg

s-SDIM5897.jpg

s-SDIM5904.jpg

冷蔵庫一掃ピザ

s-SDIM5908.jpg

s-SDIM5916.jpg

春キャベツのオリーブオイルと塩昆布和え

s-SDIM5918.jpg

s-SDIM5900.jpg

s-SDIM5927.jpg

s-SDIM5944.jpg

s-SDIM5928.jpg

s-SDIM5910.jpg

野菜たっぷり味噌ラーメンとちまき

s-SDIM5921.jpg

毎度おなじみの餃子。僕は好きでよく肴としていただく。

s-SDIM5942.jpg

春野菜と玉子の塩ラーメン

s-SDIM5965.jpg

s-SDIM5934.jpg

納豆、メンチカツ、トマト、ブロッコリーに沢庵付けの特製カレー

s-SDIM5952.jpg

s-SDIM5972.jpg

玉子四つ使った卵焼き

s-SDIM5973.jpg

取れたてのさやえんどう豆とイカの炒め物

s-SDIM5967.jpg

隣の市に暮らす写真集団・上福岡の会員、一瀬邦子さんが旦那さんと取りたての手作り野菜を届けてくれた・・・・。 合掌

s-SDIM5981.jpg

s-SDIM5984.jpg

近所の奥さんからいただいた新玉ねぎを生のままで

s-SDIM5993.jpg

s-SDIM5999.jpg

s-SDIM5989.jpg

s-SDIM6001.jpg

s-SDIM6008.jpg

カツオ、海老、カキ、ホタルイカの盛り合わせ。全部で1000円でお釣りがくる値段だ・・・。

s-SDIM5946.jpg

s-SDIM6013.jpg

この夏はじめての浅漬け。最近、野菜が昔ながら味がなく美味しくない。それならばと今シーズンも漬物にしていただこうと思っている。

s-SDIM6019.jpg

新じゃが芋と新玉ねぎ沢山のカレー

s-SDIM6014.jpg

調理している所をパチリ~!☆

s-2020ME_A4_fix.jpg

s-2020ME_ura_A4_fix.jpg

◎毎回好評の”海の写真学校”こと小松健一の作品解説は、本会場である横浜・みなとみらいギャラリーで7月11日(土)14:00~行いますが、31回展からは初めての試みとして9月に開催される福岡巡回展会場においても実施する予定です。詳しくは後日チラシなどでご案内します。ぜひ、ご参加ください。九州、中国、四国地方のみなさんとお会いできることを今から楽しみにしています。みなさん、新型コロナウイルスなどには負けないで、写真文化の灯を守りましょう~! (⋈◍>◡<◍)。✧♡☆  合掌

s-DSC_0071.jpg

s-DSC_7214.jpg

s-DSC_7009.jpg

上記の3作品は、2019年7月に沖縄本島で僕が撮影したものです。「マリナーズ・アイ展」に応募したらみんな駄目だろうね。トホホ~(⋈◍>◡<◍)。✧♡   

s-SDIM5863.jpg

B5版横位置変形 オールカラー152ページ 末巻に収録されているNPO法人 民俗芸能を継承するふくしまの会理事長 懸田弘訓氏の文章も胸を打つ。埼玉ー福島走行10万キロ、取材120回を超えた作者の「あとがき」に記された「巡礼とは非日常にあって祈りをささげること。祭人こそが巡礼者であった・・・」と福島の旅を7年間続けて気が付いたという言葉はこころに沁みた・・・。

s-SDIM5861.jpg

s-SDIM5858.jpg

s-SDIM5857.jpg

申し込み:https://www.watarix.com/   写真家鈴木渉で検索してください。歴史春秋社(株)TEL:0242-26-6567

鈴木渉さんは、この3月まで小松健一主宰 写真研究塾「風」同人・事務局長をしていた。彼の写真を見てから30年は経っただろうか。心からのおめでとう~!♡ のメッセージを送りたい。合掌

s-SDIM5864.jpg

がじゅまるブックス A5版(並製)カラー16ページ、モノクロ92ページ 申し込み:榕樹書林(株)TEL:098-893-4076 もしくは豊里友行さん本人か沖縄書房へ。

豊里友行さんは、1976年、沖縄生まれの新進気鋭の行動派写真家。俳人としても知られている。いままでに写真集、句集などを15冊刊行している。第37回沖縄タイムス芸術選賞奨励賞、2017年さがみはら写真新人奨励賞など受賞している。

彼の師は、写真家・樋口健二さん。僕も写真学校時代2年間みっちりとお世話になった。そして僕は家に夫婦で招かれ奥様の手料理をご馳走になったりもした。奥様のお名前は僕のかみさんと同名の「節子」だった。機会あるごとに僕に写真家になれと、ずーと進めてくれたのが豊里君の師匠である樋口さんであるのも何か縁を感じる。樋口さんがいなければ、僕は写真家として存在していなかったかもしれない。俳句をしているというのも共通している・・・。

s-SDIM5867.jpg

s-SDIM5869.jpg

著書の末巻に収録されている豊里君の2014年からのエッセイ「私の辺野古語り」なども興味深く読みごたえがある。

s-SDIM5874.jpg

(撮影:2020年4月29日、自宅前の光景)

今日29日は「昭和の日」ということで祝日であるが、僕はもう1か月以上外出していないので、祝日も休日もゴールデンウィークも関係ない。多分みなさんも同じような思いでしょう。こんなことが一体いつまで続くのだろうか。新型コロナウイルスを予防するワクチンが開発されるのは早くて1~2年はかかると政治家や専門家は言う。そんなことを待っていたのでは、医療崩壊どころか、社会が、人間が崩壊してしまいかねない。

暴論と言われるかもしれないが、新型コロナウイルスとやらとうまく折り合いをつけながら生きていくしかないのではないだろうか。人類の歴史を振り返れば、先人たちもみなそうして来たのである。人類が作り出してしまった核・放射能を別にすれば、自然界から生まれたものとは”共生”していくのが、ベターではないだろうか・・・。「戦争だ!戦争だ!」とやたらと政治家たちは声高に叫んでいるが、果たしてそれで本当に解決し、終着点を迎えることができるのだろうか・・・。籠りの日々の中でそんなことを空想しているのだが・・・・。  合掌

籠る日は偲びの酒ぞ寒土用  風写

新型コロナウイルスの感染で、世界中が外出禁止、都市封鎖など厳しい規制をかけて、感染拡大に全力あげて戦っている。わが国・日本も遅きに失した感は否めないが、ようやく全国に「非常事態宣言」が発せられた。評判のよろしくないガーゼマスクを一世帯あたりたったの2枚と引き換えに・・・。多くの国民の切なる天の声の前に、やりたくないのがありありと態度にでていた国のリーダーたちだが、やもう得ずと、1人につき10万円を支給してやろうということになった・・・。それならさっさと出せと困窮を極めている国民は当然声を上げている。しかし、ここにきてまたまた、リーダー諸君をはじめ、安倍内閣、自民・公明党はいつもながらのバタバタ、モタモタを繰り返している。家でくつろいで犬などとじゃれている場合ではないだろう。このままでは、支給がはじまるのは、本来なら東京オリンピックが始まるはずだった7月頃になると言う・・・。

ところで買い物にもままらぬ昨今。いままでは、ほぼガラガラだった近所のスーパーなどが宣言以来、昼夜を分かたず人でごった返している。親子で来た子供たちが店の中を飛び回っていたり、主婦たちも吟味して購入したいのはわかるが、べたべたと素手でやたらと商品に触りまくっている。マスクもしていない人が多い(入手できないのだろうが)。ようは持病の多い僕は、危機感を感じざるをえないのである。それで極力買い物には行かない。よって家にあるもので何とかごまかしごまかしで料理を作っている。料理にバリエーションが無くなる所以である・・・。 この恨みいつか果たせばなるまいぞ!!どうか皆様、それまでご自愛くださいませ~!♡☆ 合掌

s-SDIM5747.jpg

一つだけあった60円のレトルトカレーを利用して。ジャガイモ、ニンジン、エリンギ、角切りベーコンなど煮込み、カレー粉を入れてミニトマトとチーズをトッピングした。

s-SDIM5751.jpg

期限切れのソーメンと九条ネギ、塩だけでソーミンチャンプルー。やげん堀の七味を少々。

s-SDIM5754.jpg

豚小間切れ肉と小松菜の炒め物。

s-SDIM5759.jpg

200円ばかりのピザ生地の上に冷蔵庫の中にあったものを片っ端からのせる。

s-SDIM5788.jpg

180円の博多鶏の皮が半額だったので。新玉ねぎと細ネギで炒める。

s-SDIM5780.jpg

200円だった鳥海山のなめこと小松菜と絹豆腐のあんかけ。

s-SDIM5760.jpg

s-SDIM5768.jpg

s-SDIM5772.jpg

s-SDIM5263.jpg

ハンバークはめったに作らない・・・。付け合わせは目玉焼きと茶色の本エノキダケ。

s-SDIM5304.jpg

最近、四川産の山椒を使った麻婆豆腐に少しハマっている・・・。

s-SDIM5310.jpg

s-SDIM5332.jpg

s-SDIM5336.jpg

s-SDIM5344.jpg

この料理と下の料理の2品は、珍しくピザです。

s-SDIM5347.jpg

s-SDIM5342.jpg

s-SDIM5359.jpg

僕のオリジナル鰹の土佐風たたき。

s-SDIM5409.jpg

上州焼きそば。

s-SDIM5575.jpg

こんにゃくを使ったキンピラ風料理。

s-SDIM5690.jpg

砂ぎもを使った炒め物。

s-SDIM5721.jpg

このパスタにも上州こんにゃくを使っている。高菜の漬物もよく合う。

s-SDIM5734.jpg

s-SDIM5742.jpg

このウェブサイトの写真作品、文章などの著作権は小松健一に帰属します。無断使用は一切禁止します。