写真家 小松健一・オフィシャルサイト / Photographer Kenichi - Komatsu Official Website

BLOG - ブログ

 

s-SDIM5117.jpg

参加者のみなさんに挨拶をする写真家・芥川仁さん。

s-SDIM5115.jpg

新型コロナウイルスの感染が社会問題化している中、多くの人々が駆けつけてくれた・・・。会場内ではマスクはみな外していた。

s-SDIM5122.jpg

同時出版した写真集『羽音に聴くー蜜蜂と人間の物語ー』の版元である(株)共和国代表の下平尾直さん。あいさつを兼ねて本のPRをした・・・。

s-SDIM5110.jpg

松本徳彦公益社団法人日本写真家協会副会長、前「アサヒカメラ」編集長などをはじめ、大勢の写真家、編集者、カメラメーカーなどの人々が参加していた・・・。

s-SDIM5125.jpg

祝辞と乾杯の音頭をとったのは、水俣を芥川さんらと共に撮り続けている先輩写真家の桑原史成さん。奥様も出席していた・・・。

s-SDIM5121.jpg

s-SDIM5133.jpg

協同組合日本写真家ユニオンの同じメンバーであるとともに、写真家の大先輩である芥川さんにお祝いのあいさつをする写真家・眞月美雨さん。

s-SDIM5137.jpg

日本写真家協会理事、協同組合日本写真家ユニオン創設当時から彼が副理事長で僕が専務理事として、ともに歩んできた"同志”でもある・・・・。

s-SDIM5134.jpg

s-SDIM5139.jpg

左から公益社団法人日本写真家協会理事の写真家・飯島幸永さん、元共同通信社編集委員でジャーナリストである新藤健一さん、そして芥川仁さんに僕でした・・・。

s-SDIM5143.jpg

中締めのあいさつをする公益社団法人日本写真家協会名誉会員の写真家・木村恵一さん。

s-SDIM5145.jpg

s-SDIM5150.jpg

芥川さんの奥様(右)も紹介された・・・。

s-SDIM5154.jpg

左から2人目はライターの阿部直美さん、右端は阿部さんの旦那さんの写真家。芥川仁ご夫妻の間にいるのは岩波新書編集部の上田真理さん。30数年前からの知り合いだ。久しぶりの再会にお互いに驚くとともに話が弾んだ・・・。

s-SDIM5157.jpg

岩波新書から2人で著書をだしている芥川さんと坂本直美さん一家と記念写真をパチリ~!♡☆

s-SDIM5107.jpg

キャノンギャラリーの隣にあるワインバーで軽く一杯~!♡☆イベリコ豚のハムの燻製が美味だった・・・。

s-SDIM5102.jpg

大好きな生ビールで・・・。

image0.jpeg

並木すみ江同人は、2月20日~22日まで青梅市中央図書館で「沖縄をもっと知ろう写真展」を開催。22日(土)午後2時から会場でギャラリートーク。4時から写真仲間で並木さんを囲んで懇親会を行います。ぜひ、ご参加ください~!♡☆

また、同人の寒川真由美さん、眞月美雨さん、会員の橋都とみ子さんも年内中の個展開催をめざして作品を制作中。鈴木渉さんは4月上旬に写真集を出版、中村咲会員も写真集の出版を目指している。(モノクロ写真の撮影:塩崎亨同人)

s-IMG_1282.jpg

ごめんなさい・・・。写真の天地が逆になってしまい修正できません。頑張って直せれば後で訂正しますね。鈴木渉さんの送別会で。(渋谷・三平酒寮)

image1.jpeg 

新型コロナウイルスの影響か、渋谷センター街も閑散としていた・・・。

 

s-SDIM5019.jpg

9日、高松から瀬戸大橋を渡り岡山の早島町へ電車で。夜9時過ぎに岡山市へ車で移動。10日、朝6時前に起きて7時過ぎの新幹線のぞみに飛び乗る。そして帝国ホテル東京に祝う会の受付が始まる11時半前に到着したのである・・・。何とか間に合うことができた~!♡☆

s-SDIM5020.jpg

s-SDIM5031.jpg

オープニングは厳かに、東儀秀樹さんとその母と姉の和楽の演奏で始まった。

s-SDIM5034.jpg

細田博之衆議院議員・「日本写真保存センター設立推進連盟」代表が、発起人を代表して祝辞を述べた。

s-SDIM5038.jpg

写真家・細江英公さんも出席されていたが、間もなく退席された・・・。

s-SDIM5040.jpg

あいさつとお礼を述べる田沼武能ご夫妻。

s-SDIM5046.jpg

s-SDIM5049.jpg

会場の一隅では田沼武能さんの代表作をスライドで上映していた。

s-SDIM5050.jpg

式典の終了後は、会場をあいさつに回った田沼夫妻。

s-SDIM5059.jpg

僕が田沼さんを撮っていると「お~およく来てくれたと手を握り、一緒に撮ろう」とツーショトで記念写真を撮った。しかし、僕のカメラでなくJPSの公式カメラマンが撮ったので、ここにはアップできないが、後ほど紹介したいと思う。

s-SDIM5061.jpg

s-SDIM5071.jpg

前列から齋藤康一さん、2列目右から熊切圭介さん、木村恵一さん。3列目右から僕、ハービー山口、大西みつぐ、鈴木一雄の各氏。(撮影:熊切大輔)

s-SDIM5068.jpg

先輩写真家の桑原史成さんとJPS会員の佐藤仁重さん。

s-SDIM5075.jpg

左から写真家・酒井健太郎さん、ジャーナリスト・新藤健一さん、長崎の原爆写真を撮影した山端庸介さんのご子息である山端祥吾さん。山端さんとは久しぶりに会ったのでお話をした。

s-SDIM5072.jpg

この前まで公益社団法人日本写真家協会(JPS)会長を4年にわたり務めていた熊切圭介さん(左)と”戦友”のあいだがらであるJPS名誉会員の木村恵一さん。僕も35~6年前に2人と共に3期(6年間)日本写真家協会の理事をした。先輩2人とも車椅子に乗るようになってしまったので、1枚撮影した・・・・。 いつまでもお元気でいてくださいね~!♡☆

s-SDIM5077.jpg

書家の金澤翔子さんもお母さんと出席されていた。

s-SDIM5081.jpg

僕と藤森さんとで近くの鮨屋でやっていたら、仕事を終えた写真家の眞月美雨さんが合流。藤森さんとは、酒田をはじめ何度も会っているのでさっそく2人は写真談議に花を咲かせていた・・・。

s-SDIM5085.jpg

s-SDIM5083.jpg

s-SDIM5084.jpg

藤森さんは、土門拳先生のお弟子さん、僕の師匠は田村茂先生と藤本四八先生。もちろん土門先生とも何度もお会いしている。この3人は無類の仲良しだった。何かといえば土門先生は車椅子でも駆けつけてきて、3人でいつも嬉しそうに盃を干し、語り合っていたことを思い出す。藤森さんはそういう意味では、いわば僕の兄弟子筋にあたる・・・。僕が「兄弟子」と言うと照れくさそうに手を振りながら笑っていた・・・。

s-SDIM4790.jpg

s-SDIM4800.jpg

2月7日朝、埼玉の家を発ち名古屋で写真研究塾「風」の会員である長野の写真家・橋都とみ子さんと落合い、岡山でマリンライナーに乗り換え高松に。夜はやはり「風」同人である写真家・寒川真由美さんのご自宅にお世話になった。真由美さんん手作りの料理が並んだ・・。左から寒川さん、中学校の教諭をしている夫の亨さん、とみ子さん、次女の優ちゃん。高校の教諭をしている。

s-SDIM4802.jpg

瀬戸内海で獲れた魚たちの盛り合わせ。新鮮で美味かった・・・。

s-SDIM4798.jpg

s-SDIM4804.jpg

翌8日は、蔵開き本番。7時過ぎには寒川家を出て、綾菊酒造に着き本の出店の準備をした。寒川家の面々。

s-SDIM4808.jpg

蔵の中に展示されている寒川真由美さんの作品の一部。

s-SDIM4810.jpg

写真集の主役である杜氏・國重弘明さんと著者の寒川真由美さん。國重(84歳)さんは現在、綾菊酒造の名誉杜氏である。

s-SDIM4812.jpg

s-SDIM4813.jpg

s-SDIM4817.jpg

午前10時オープンだが、9時前からすでに長蛇の列ができていた・・・。

s-SDIM4829.jpg

10時ぴったりに鏡割が行われて、美味な綾菊の樽酒が参加者にどんどん振舞われた。綾菊酒造の蔵開きは今年で41年の歴史が刻まれた。右から國重名誉杜氏、地元選出の県会議員、宮家杜氏、綾菊酒造の社長、綾川町町長。

s-SDIM4837.jpg

s-SDIM4818.jpg

甘酒コーナーで振舞う國重さん。美味しくて体も温まるので僕は3杯も頂いてしまった・・・。

s-SDIM4821.jpg

s-SDIM4823.jpg

s-SDIM4888.jpg

s-SDIM4836.jpg

日本酒好きの橋都さんは、一体いくら呑んだのだろうか。10時から午後3時まで飲み続けたから約一升はいったのではないだろうか。持病で日本酒を20年以上飲んでいなかった僕ですら、2合は呑んだと思われる。とにかく旨かった・・・。

s-SDIM4838.jpg

s-SDIM4866.jpg

國重弘明さんの後を継いで、愛弟子の宮家秀一さんが杜氏となった。すでに確かな成果をあげ評価も高い。

s-SDIM4868.jpg

何杯も呑めるので人気が高かった試飲コーナー。

s-SDIM4807.jpg

s-SDIM4881.jpg

地元綾川町の名物・物産の屋台が並んだ・・・。どの店も終了時間前には完売する人気だった。

s-SDIM4882.jpg

s-SDIM4884.jpg

s-SDIM4870.jpg

s-SDIM4871.jpg

s-SDIM4873.jpg

写真集も15冊売れた・・・。

s-SDIM4876.jpg

記念写真に応じる國重名誉杜氏と著者。

s-SDIM4879.jpg

撮影をする信州下伊那から来香した橋都とみ子さん。

s-SDIM4878.jpg

s-SDIM4861.jpg

宮家杜氏の悦代夫人と息子さん。

s-SDIM4844.jpg

s-SDIM4856.jpg

蔵の内部は静まり返ていった・・・。

s-SDIM4891.jpg

s-SDIM4898.jpg

13年連続金賞受賞の輝かしい栄誉・・・・。

s-SDIM4902.jpg

地元米の「オオセト」で酒造された銘酒「國重」。

s-SDIM4894.jpg

s-SDIM4903.jpg

綾菊酒造の前に広がる風景。

s-SDIM4911.jpg

s-SDIM4916.jpg

新しく寒川家の家族となった犬の「はる」君。寒がりで洋服を何枚も着込み、家の中の炬燵に丸くなっていた。犬らしくない犬・・・。

s-SDIM4930.jpg

マリンライナーの車窓から・・・。

s-SDIM4933.jpg

s-SDIM4935.jpg

s-SDIM5001.jpg

岡山県早島町にある早島写真同好会が主催した写真講座。僕は6~7回は講師で行っている。

s-SDIM4946.jpg

s-SDIM4953.jpg

参加者は県内各地から約30人。急な開催だったから当初は10人前後の参加者かもしれないと聞いていたが、想定外の参加者で大いに盛り上がった・・・。

s-SDIM4970.jpg

s-SDIM4976.jpg

s-SDIM4974.jpg

s-SDIM4990.jpg

s-SDIM4983.jpg

(僕が写っている講座の写真の撮影:橋都とみ子さん)

s-SDIM5003.jpg

早島写真同好会の講師を務める写真家の高田昭雄・紀美子夫妻。左は橋都さん。高田さんは写真研究塾「風」同人で創立メンバーである。

s-SDIM5010.jpg

s-SDIM5006.jpg

s-SDIM5011.jpg

会終了後、同好会の大森肇会長(中央)、林作治事務局長(左)と長野県下伊那郡から参加した橋都とみ子さんらで夕食会をした。彼女は同講座には2度目の参加だ。

s-SDIM5017.jpg

同好会講師の高田昭雄さんと僕。高田さんとはかれこれ40年余りの付き合いだ。ネパールヒマラヤ取材にも、ご夫婦で一緒に6~7回は行っている。いつまでもお元気で・・・。 合掌

 

s-SDIM4726.jpg

1月29日、奈良原さんの写真展会場で久しぶりに細江さんと逢った(中央)。思っていたよりもお元気そうなので安心した。玄関まで見送りながら近況を話した・・・。

s-SDIM4727.jpg

s-SDIM4735.jpg

s-SDIM4730.jpg

ニューヨークやパリでの写真活動の話に盛り上がっていた。写真家の眞月美雨さんと。

s-SDIM4732.jpg

僕は彼の父の足跡を追ったシベリアの作品に興味を持った。僕の父も終戦後捕虜としてシベリアへ数年間送られていた。生前に少しだけ留置されていた場所や仕事内容、留置場の生活など聞いていたからである。角田さんの父親と共通する部分が多いと思った・・・。

s-SDIM4738.jpg

s-SDIM4740.jpg

有楽町駅前で。

s-SDIM4766.jpg

2月4日、2020年になって「写真集団・上福岡」の初めての例会が開かれた。この7月に38回目の集団展の開催が決まっているので、みな気合が入っていた。

s-SDIM4771.jpg

s-SDIM4774.jpg

s-SDIM4778.jpg

s-SDIM4775.jpg

ささやかな新年会を例会終了後、有志でおこなった・・・。

s-SDIM4668.jpg

林忠彦さんの息子さんで、写真家・林義勝さんから丁寧な案内状が届いていたので出かけた。会場内での撮影は禁止さていたので、外の公道から撮影した。入場無料。10:00~18:00(土、日、祝日は17:00まで)戦後の混乱期から復興期の銀座をリアルに撮影した林忠彦の代表作の一つである。

s-SDIM4670.jpg

s-SDIM4677.jpg

林忠彦がこのルパンで撮影した小説家・太宰治の写真は有名だが、他に小説家・織田作之助、田中英光らもルパンで林は撮っている。今回の写真展に3人とも出品されている。生前に林さんと話す機会があった。その時に太宰のルパンでの写真に及んだ時に「あの時は、織田作之助を撮るためにルパンへ行ったんだ。織田を撮影していると、太宰がおーい何で織田ばかり撮っているんだ。俺も撮ってくれ。と言うので最後に1枚残っていたフイルムで、それも引きがなかったので便所から何とか撮ったのがあの写真。それが俺の代表作になるとは・・・・。」と苦笑していた姿が忘れられない。

s-SDIM4678.jpg

釜めし鳥ぎんは、路地裏のいまもルパンの並びにある。この辺り、再開発でずいぶんと変わってしまったが、この路地の一隅のみが昭和の面影を残している。

s-SDIM4680.jpg

 リコーイメージングスクエア銀座の森義徳室長とギャラリー担当の阿部杏映さん。

s-SDIM4682.jpg

s-SDIM4693.jpg

右からリコーイメージングスクエア銀座コーディネーターの池永さん、写真家の角田和夫さん、本展をプロデュースした村上さん。

s-SDIM4697.jpg

s-SDIM4699.jpg

写真家・角田さんを囲んで高知から来た女性と僕。

s-SDIM3722.jpg

s-SDIM3732.jpg

s-SDIM3735.jpg

s-SDIM3738.jpg

s-SDIM3749.jpg

s-SDIM3739.jpg

渋谷駅周辺の再開発は急ピッチで進んでいる。東京暮らし半世紀になる僕でさえも駅の出口が複雑になりわからなくなるほどだ。写真家であり、ヘアメイクアップアーティストでもある眞月美雨さん。

s-SDIM4628.jpg

s-SDIM4634.jpg

s-SDIM4638.jpg

s-SDIM4642.jpg

s-SDIM4647.jpg

デンマークの国民性と伝統的な文化が、絵画を通じて垣間見えた展覧会であった・・・・。

s-SDIM4658.jpg

s-SDIM4622.jpg

久しぶりに池袋にある老舗天丼や「藤井」に行って食べた。6種類の揚げ立てのてんぷらがのっていてボリュームがすごいのでようやく平らげたのである・・・・。お新香、味噌汁付で1250円。

s-SDIM4528.jpg

s-SDIM4539.jpg

ピクトリコギャラリーは、表参道ヒルズ裏の路地にあった・・・。

s-SDIM4537.jpg

写真家・叶悠眞さん(中央)が作品展の説明をしている。

s-SDIM4531.jpg

11日(土)14:00~は山岸伸さん(写真)のトークショーだった。会場は超満員で外で終わるまで待っていた。JPS会長の野町和嘉さんも来ていたので少し話をした。

s-SDIM4533.jpg

僕がカメラを向けたら山岸さんも・・・。 山岸伸写真集『輓馬』(朝日新聞出版)を求めたが、単に競馬の写真集ではなく、馬と人の係わりと風土性が描かれた見ごたえのある内容であった。

s-SDIM4552.jpgs-SDIM4554.jpgs-SDIM4555.jpg

この5月で満94歳となる写真家・中村咲さんと本の出版のことで会った。昨年出版した『虞美人草 93歳のわたくし』にサインをする咲さん。今度は30年間以上春と秋の2回、巡礼を続けた日本全土のお寺さんとシルクロードを逆に奈良からローマまでを辿った写真をまとめたいと言う。

s-SDIM4542.jpg

s-SDIM4543.jpg

s-SDIM4564.jpg

NPO法人マイフェイス・マイスタイルとスタジオ・ブルーム ルームが主催。撮影を冨樫東正君と本田織恵さんが担当した展覧会。22人が自ら被写体となった。11の壁面にそれぞれの表現があり、ユニークな展示で興味深く拝見した・・・・。

s-SDIM4565.jpg

本田さんと冨樫君。2人とは10数年前からの知り合いで、僕が主宰している写真研究塾「風」の合宿によく作品をかかえて参加していた。広告写真をメインに仕事をしているのにもかかわらず、きちんとしたテーマを持って作品作りをしている2人に拍手を送りたい・・・・。 合掌 (後ろの作品は本田織恵撮影)

s-SDIM4568.jpg

作品は冨樫東正撮影

s-SDIM4577.jpg

2人の先輩にあたる写真家・菱山忠浩君(左)と写真家・塩崎亨君(右)みな門下生だ。

s-SDIM4571.jpg

s-SDIM4581.jpg

やはり同門の写真家・眞月美雨さん(右)

s-SDIM4578.jpg

s-SDIM4583.jpg

s-SDIM4584.jpg

s-SDIM4585.jpg

s-SDIM4586.jpg

s-SDIM4587.jpg

s-SDIM4589.jpg

s-SDIM4591.jpg

若い参加者ばかりだったの僕が年の功で、あいさつと乾杯の音頭をとった。s-SDIM4594.jpg

s-SDIM4600.jpg

s-SDIM4603.jpg

s-SDIM4602.jpg

s-SDIM4605.jpg

現在、塩崎君が講師を務めている東京写真学園出身の写真家たち。

s-SDIM4607.jpg

この日の主役2人を囲んで参加した人たち。モデルになった「見た目問題」の当事者たちも沢山参加していて、通常の写真展のオープニングパーティとはことなり、会場は終始穏やかな雰囲気のなかで盛り上がっていた。

s-IMG_7433.jpg

s-SDIM4613.jpg

s-SDIM4611.jpg

s-SDIM4608.jpg

s-IMG_8996_1.jpg

 二次会はいわゆる”弟子”の菱山君と塩崎君、それに塩崎君の写真学校時代の同期生である写真家の升谷玲子さんと渋谷で餃子が旨い店に繰り出した。それでも若い頃とは違い、22時30分過ぎにはお開きにし、それぞれが家路へと向かった。僕は久しぶりに「青春」を味わったような気分になったのである・・・。

s-SDIM4471.jpg

s-SDIM4474.jpg

品川駅港南出口は見違えるほどここ十数年で変貌した。キャノンギャラリーへ行く途中。

s-SDIM4477.jpg

熱田護写真展「フォーミュラⅠの記憶」(キャノンギャラリーS/2月8日まで)

s-SDIM4479.jpg

s-SDIM4482.jpg

お正月の写真界の新年挨拶会も兼ねているアイデムフォトギャラリーシリウスの年頭企画展。僕も7年前にやらしてもらっている。JPS事務局の人たちが晴れ着姿で受付の手伝いに来ていた。右は前事務局長で現在参与の高田しのぶさん。

s-SDIM4486.jpg

お祝いのあいさつをする田沼武能さん。先日、文化勲章を受賞したばかりだ。右はこの日の主役・榎並悦子さん。左は夫であり、公益社団法人日本写真家協会会長の野町和嘉さん。乾杯の音頭を少し照れくさそうにした・・・。

s-SDIM4488.jpg

s-SDIM4491.jpg

大勢の写真関係者がお祝いに駆けつけた・・・。

s-SDIM4483.jpg

公益社団法人日本広告写真家協会会長の白鳥真太郎さんと写真家の佐藤倫子さん。電通時代の先輩後輩だという。倫子さんは、写真家・山岸伸さんの奥様でもある。

s-SDIM4494.jpg

公益社団法人日本写真家協会名誉会員の木村恵一さんと眞月美雨さん。

s-SDIM4496.jpg

左から白鳥真太郎APA会長、写真家の眞月美雨さん、野町和嘉JPS会長、超メジャー写真家・山岸伸さん。珍しいメンバーの記念写真だ。

s-SDIM4500.jpg

右から写真家で(株)タムロン顧問の千代田路子さん、僕、眞月美雨さん。

s-SDIM4505.jpg

右から(株)タムロン映像事業本部マーケティング部部長・斎藤久美子さん、榎並悦子さん、眞月美雨さん、(株)シグマ マーケティング部課長・桑山輝明さん。

s-SDIM4508.jpg

写真家であり俳人でもある右から中谷吉隆さん、飯島幸永さん、内田露光さんと僕。中谷さんはJPS名誉会員、飯島さんはJPS理事、内田さんは公益社団法人日本写真協会参与をそれぞれ務めている。

s-SDIM4511.jpg

s-SDIM4515.jpg

お腹が空いたので、会場近くでよく使っている築地食堂へ行ったら、先輩写真家の大山謙一郎さん(右から)、写真家の合地清晃さん、キャノンマーケティングジャパン(株)プロサポート部キャノンギャラリー担当主管・池宣輝さんと会った。知らない内に僕の勘定までもが済まされていた・・・。ありがとうございました~!♡☆ 合掌

s-SDIM4514.jpg

大好物の生ビールにマグロ、そしてビックおにぎりを食べて満足そうな美雨さん。

s-SDIM4517.jpg

久しぶりの都内、それも大勢の人と会ったので疲れ果てて我が家に帰宅した。卓袱台に置いていた元日に天明稲荷で買い求めたコンコンキツネちゃんが優しく迎えてくれた・・・。  

s-SDIM4395.jpg

s-SDIM4385.jpg

s-SDIM4398.jpg

s-SDIM4414.jpg

s-SDIM4423.jpg

s-SDIM4362.jpg

s-SDIM4375.jpg

s-SDIM4378.jpg

s-SDIM4449.jpg

s-SDIM4412.jpg

s-SDIM4417.jpg

s-SDIM4418.jpg

s-SDIM4421.jpg

s-SDIM4430.jpg

s-SDIM4437.jpg

このウェブサイトの写真作品、文章などの著作権は小松健一に帰属します。無断使用は一切禁止します。